妊娠超初期症状とは?妊娠初期症状についてわかりやすく解説! | 【初めてでも安心!】東京にある出生前診断クリニックおすすめランキング!

【出生前診断を東京で受けるならおすすめしたいクリニック9選】口コミでも評判の染色体検査に対応可能なクリニックを厳選紹介

妊娠超初期症状とは?妊娠初期症状についてわかりやすく解説!

公開日:2022/04/15  最終更新日:2022/04/13


妊娠を待ち望んでいると身体の少しの変化も気になりますよね。妊娠超初期症状は生理前特有の症状と似ているといわれているので、判断が難しいことがあります。妊娠超初期症状はホルモンの分泌によって女性の体に変化をもたらします。今回、妊娠超初期症状を分かりやすく解説するので、ご自身の身体の変化と照らし合わせて参考にしてください。

妊娠超初期症状とは

医学的な専門用語ではありませんが妊娠成立に伴い、体に症状が現れることがあるため用いられる表現です。広く一般的には、受精卵の着床から生理予定日までに現れる症状を指し、「妊娠0週から3週頃まで」のことを呼んでいます。受精するのは妊娠2週目頃、着床するのは妊娠3週目頃なので、この期間を「妊娠」と呼ぶのは少し不思議ですよね。

しかし妊娠が成立していたら、この期間も赤ちゃんにとっての成長や発達に重要な時期になります。人によっては妊娠2週目から3週目の間に、体の不調や違和感などの些細な変化で気が付くこともあり、このときに起こる身体や心の不調が「妊娠超初期症状」となります。

生理周期には個人差があり25~38日の間であれば正常範囲なので、次の生理が来ないことにより、妊娠したかも知れないと気が付くことが妊娠4~7週頃にあるようです。なお、妊娠超初期は妊娠検査薬でもまだ正しい反応が出ない時期なので判断するときは注意が必要です。

妊娠超初期の主な症状

妊娠超初期症状は個人差があり症状もそれぞれ異なります。月経前症候群(PMS)と妊娠超初期症状はタイミングも症状も似ているので、見分けがつきにくいといわれています。似ている症状としては、腹痛やお腹の張り、常に眠い、食欲がなくなる・ありすぎる、においに敏感になる、熱っぽい、イライラしたり気分が落ち込んだりする、便秘がちになる、胸がチクチクするなどです。

妊娠超初期症状特有のものは、おりものの量や色が変化する、少量の出血がある、体温の変化がある、生理が来ないなどです。この時期の女性は身体的、精神的な症状が現れやすく、混同してしまうことがあるので目安の一つとして捉えましょう。しかし、このような症状が現れた場合は妊娠している可能性も考えられるので、気になった場合は飲酒や喫煙、薬の服用は控えましょう。

妊娠初期症状の原因は3つの妊娠ホルモン

3つの女性ホルモンの分泌量の変化により症状が現れます。

1つ目はhCGホルモンです。妊娠が成立すると、着床後に胎盤になる部分からhCGホルモンが分泌されます。このホルモンは妊娠8~12週頃にもっとも分泌量が増え、赤ちゃんを育てやすい体に変化させていきます。このhCGホルモンが大量に分泌されることで妊娠検査薬が陽性に反応するようです。

2つ目は卵胞ホルモンです。卵巣で作られており、子宮内膜を厚くして妊娠の準備をしています。出産後、母乳の分泌を活発にするために乳腺を発達させる役割もあります。また女性らしい肌艶や丸みを帯びた体を作る働きもあり、更年期になるとこのホルモンの分泌が減ることによって、更年期障害を引き起こす原因にもなっているようです。

3つ目黄体ホルモンです。受精卵が着床しやすいように子宮内膜をふかふかな状態に整えます。子宮内膜を厚く保ち、妊娠の継続を助けます。他にも基礎体温を上昇させる、食欲を増加させる、乳腺を発育させる働きもあるようです。

この妊娠に関わる3つのホルモンが大量に分泌され、それぞれのホルモンの作用やホルモンバランスが乱れることでさまざまな妊娠初期症状が現れます。

 

妊娠が成立していると受精時期や着床時期を含め、体調の変化が出てくる妊娠0~3週目頃を「妊娠超初期」と呼びます。この頃の体調の変化は妊娠か、生理前特有の症状か判断が難しいことがあるようです。個人差があるので目安の一つと捉えることが大切ですが、妊娠を望んでいる場合は飲酒や喫煙、薬の服用は避けましょう。また、ホルモンの変化によって体調面・精神面が不安定になることをあらかじめパートナーに共有しておくことで、協力を得ることができます。

管理人紹介

パソコンを打つ女性のシルエット
はじめまして。昨年結婚した、現在妊活中の30代主婦です。妊娠したら出生前診断を受けたいと思い、色々と調べています。

当サイトでは、東京にある出生前診断クリニックや、出生前診断に関する情報を紹介中です。独自に調査した情報をもとに作成していますので、比較・検討の材料にぜひご活用ください。

サイト内検索
地域別クリニック一覧
記事一覧