東京で新型出生前診断クリニックを選ぶ際のポイント | 【初めてでも安心!】東京にある出生前診断クリニックおすすめランキング!

【出生前診断を東京で受けるならおすすめしたいクリニック9選】口コミでも評判の染色体検査に対応可能なクリニックを厳選紹介

東京で新型出生前診断クリニックを選ぶ際のポイント

公開日:2020/11/27  

妊娠された方や妊娠を希望されている方にとって、新型出生前診断は興味がある検査と言えるでしょう。検査内容は血液検査のみと簡便になりました。

では、東京で検査を受けるクリニックをどのようなポイントで選ぶとよいでしょうか。

 

検査を受けやすい体制づくりをしている

新型出生前診断は一般の産婦人科の健診項目ではなく、妊婦さんの自由意思での検査となります。新型出生前診断への意見は様々ですので、患者さんそれぞれに合わせた個別対応を行っていることもポイントとして挙げられます。

例えば、検査内容の説明に丁寧さがうかがえるかや、カウンセリングが充実していて、集団ではなく個人に向けて実施されているかなどがあります。個別対応と似通っていますが、プライバシー確保も大切な要素と言えます。

出生前診断はデリケートな部分のお話が出ますので、他の妊婦さんと顔を合わせないよう配慮を払ってくれるかどうかも大切になります。

さらには、検査を受ける際に夫婦同伴でなければ検査を受けられない、子供を連れてきてはいけないなどの制約がついてしまうと、検査可能な時期が決まっている新型出生前診断自体を受けられない場合が出てきます。

プライバシー保護多様な家族構成への配慮が払われた体制づくりをしているかどうかを口コミなどで調べることで、ご自分に合ったクリニックを選択できるでしょう。

 

検査実績とアフターケアの満足度

新型出生前診断の実績には2つの要素が関係しています。

一つは実績のある検査方法を採用しているかどうかです。新型出生前診断は欧米で実績を積んできたものもあり、リスクが少なくて検査の精度が非常に高いものもあります。

もう一つは、検査を行うクリニックや医師の実績です。出生前診断に長い経験を持つクリニックや医師であれば、対応方法や患者へのケアを充実させているはずです。

さらに、基本的な検査に加えて、追加オプションを選択できるクリニックも患者や家族の多様なニーズに応えていると言えるでしょう。加えて、陽性だった場合、専門医によるカウンセリングを受けられるなどの対応も行ってもらえる設備が充実していることもポイントと言えます。

例えば陽性反応だった場合は羊水検査など精密検査を希望される方が多いようですが、その際の追加検査費用の補助があるクリニックもあります。中にはそれらの検査を無料実施してくれる場合もあります。

新型出生前診断や付随検査は保険が適用とならず自己負担となりますので、検査後の費用という点も考慮するとよいでしょう。

すぐにでも知りたい人はインターネット上で結果を見られるものがお勧めであり、郵送でもスピーディーに対応してくれることがあります。病院での受け取りしかできないと忙しい人はスケジュールを調整して受け取らなければなりませんので、なかなか行くことができずに失敗したと感じる可能性があります。

問題が分かったら手厚いフォローを受けたいという人はとても多く、フォロー体制をもっとも重視する項目にあげる人も少なくありません。ですから、遺伝子カウンセラーと話ができることはとても大切です。

 

料金を比較してなるべく安いところを探す

同じような検査を行っているのに、検査費用はどこで受けるかによって大きな差が出ますので、できるだけ金銭的な負担を減らすために安い費用で行ってくれる医療機関を探すのがお勧めです。

同じ東京にあるのに料金に差が出るのは不思議に感じるかもしれませんが、実際に数万もの差が出るケースがありますので、きちんと調べて選びましょう。

具体的な費用ですが、15万~20万円以上となっています。安いからといって精度に問題が出ることはなく、同じようにきちんとしたデータが得られますので、安いところは不安だということはありません。

比較をするにはある程度の数が必要ですが、東京には認定を受けた医療機関だけでもかなりの数がありますので、比較しやすい地域だといえます。簡単にホームページを見るだけでも確認することができます。

料金を比較するのを怠って選んでしまうと、保険適用外であるため非常に大きな負担を感じるかもしれません。ですから、選び方の一つとして費用面をチェックするのは必須です。

 

利便性の高さも選ぶ際のポイント

新型出生前診断自体は血液検査ですが、検査に先立っての説明やカウンセリング、結果説明など時間がかかるものです。特に働く人が多い東京であれば検査の受付時間が長いのもデメリットとなります。

土日の検査も可能であれば、時間的に折り合いがつく方も多いことでしょう。加えて、検査費用は自費となり金額が張ることも多いものです。ですのでクレジットカードでの決済が可能ですと利便性が高くなると言えます。

検査結果が早く出るかどうかもポイントとできるでしょう。中には、ビデオチャットなどを使って遠隔診療を行っているクリニックもあり、体調が悪い方などには使いやすい制度となっています。また、クリニックを地方展開していることもポイントとして挙げられます。

このような姿勢は、患者の立場にたってのスタンスですので、一事が万事で、検査の利便性を高めるために様々な工夫がされていることが考えられるからです。

 

検査内容を調べてオプションの有無をチェック

検査で主に調べられるのは、21トリソミー・18トリソミー・13トリソミーです。この3つが染色体疾患の約7割を占めるからです。

これが基本であることはどこのクリニックでもあまり変わりませんが、その他にオプションとして他の染色体異常まで調べられる施設があり、その場合は幅広い内容を知ることができます。

オプションの有無で判断するという選び方も失敗しないためのポイントになっていて、探してみると全ての染色体異常の診断を受けることも可能です。せっかく診断を受けるのならできるだけ多くの内容を網羅して心配事を減らしたいと思うのは当然のことなのですが、検査内容に差があることを知らなければどこで受けても同じだと考えてしまいます。

東京には新型出生前診断を行っているクリニックがたくさんありますので、オプション内容が充実しているところも少なくありません。リスクが高い3種類だけ分かれば良いという人には不要かもしれませんが、できるだけ多くのことを知りたいという人には必要です。

 

東京で新型出生前診断を受けたい方は、患者が満足できる体制づくりをしているかなどを口コミで調べることができます。加えて、検査自体や医師やクリニックの実績、さらにアフターケアの制度や検査の負担を考えての利便性を考えるとよいでしょう。

管理人紹介

パソコンを打つ女性のシルエット
はじめまして。昨年結婚した、現在妊活中の30代主婦です。妊娠したら出生前診断を受けたいと思い、色々と調べています。

当サイトでは、東京にある出生前診断クリニックや、出生前診断に関する情報を紹介中です。独自に調査した情報をもとに作成していますので、比較・検討の材料にぜひご活用ください。

サイト内検索
地域別クリニック一覧
記事一覧